ビギナーズ CGI

 初歩から始める初心者向けPerl-CGI講座  

| トップページ | CGI設置 | CGI作成 | 作成事例 | 設置用語 | 作成用語 | 関数リファレンス | FAQ | お問合せ |
  
CGIの設置方法
フリーで配布されているCGIを設置する際の手順や注意事項などの説明です。

CGI作成の初歩
初めてCGIを作る方向けの手順を簡単な例で説明しています。

CGI作成ヒント集
こういう事をする時は、どのように行えばいいのか?など具体的な事例を紹介します。

CGIの設置に関する用語
CGIの作成に関する用語
CGIの設置や作成時に使われている用語や関連知識を掲載しています。

設置に関するFAQ
作成に関するFAQ
設置や作成をする際に起こりがちなトラブルの説明と、よくある質問とその回答を掲載しています。


 
 



CGI から画像を表示する

画像の表示方法と、何らかの条件によって表示させる画像を変えるなどをしてみます。


この方法を使うと、CGI の実行ディレクトリで画像の閲覧が許可されていない場合でも
CGI から読み込み、書き出すことで画像を表示する事ができます。

下のサンプルソースでは、同じディレクトリに aaa.jpg という画像を置いておき、CGI を実行すると
その画像を表示するという事をしています。


実行すると、 aaa.jpg が読み込まれ、ブラウザに表示されます。


print "Content-type: image/jpeg\n\n"; の部分では、書き出すファイルがどのようなもの
なのかを指定しています。
今回は jpeg画像でしたので、 jpegのコンテンツタイプを指定していますが、GIF画像など他の
ものを表示する場合は、別のものにします。
ZIPなどのファイルをダウンロードさせたい時、上手く行かない場合は CGI に拡張子の引数を
渡すとサーバ側で上手く認識する場合もあります。
例: http://www.aimix.jp/beginnerscgi/test.cgi?zip

print "Content-type: image/gif\n\n";
print "Content-type: image/png\n\n";
print "Content-type: image/bmp\n\n";

【参考】 Yahoo! Japan 検索 「mime-type」

HTMLページから CGI を呼び出して画像を表示する

先のCGI は実行すると画像を表示しますので、それをHTMLページ内で使ってみます。
<img src="CGIのURL"> とページ内に記述すると、その部分に画像が表示されます。
CGI 側で何らかの条件によって表示する画像を変えておけば、時間によって表示される
画像や背景が違うなどの処理もできます。


サンプルHTMLページ


画像表示CGI サンプルソース


時間によって表示する画像を変える

time関数から取得できる時刻をlocaltime関数で整形し、時間によって表示する
画像を変化させています。

下のサンプルソースでは0時〜6時に aaa.jpg が表示され、7時〜12時に bbb.jpg が表示され、
13時〜17時には ccc.jpg を表示、それ以外の場合は ddd.jpg を表示しています。




〜時から〜時という風に分けなくても、0時〜23時の全てに画像を指定して表示させても結構です。
上記の例では $hour に時間を示す値(0〜23)が入っていますので、それによって読み込んで表示
する画像を分岐しています。



関連項目

・ CGIの作成に関する用語
・ CGI作成に関するFAQ


Beginner's CGI  - Copyright (C) 2003 aimix. All Rights Reserved -