各種ユーザー辞書の変換フォーム(ATOK、Google日本語入力、IMEなど)

 下のフォームからATOK、Google日本語入力、IMEのテキスト形式の辞書変換ができます。

※ 注意
インポート前に必ず現在の辞書をエクスポートして保存しておいてください。
現在の辞書が保存してあれば、失敗しても元の状態に戻せます。

 辞書変換フォーム
ファイル選択:
出力形式:

PCなどで出力した「テキスト形式の辞書」を「ファイル選択」から選択し、「出力形式」を選択、「辞書出力」をクリックすると変換後の辞書をダウンロードできます。

上の変換フォームは、Perlで文字コードとヘッダ部分、並びなどを調整してるだけです
(●´Д`●)

MS-IME2002の辞書ツールで一覧出力したもので動作確認しました。
インポート側の動作確認は、ISW13FのNX!input4.0.0(ATOK)、デスクトップ版Google日本語入力の相互変換です。

NX!inputのATOKでは「よみ」が長いものや記号が入る場合にその語句はインポートされませんでした。
「読み」が長い場合「読みが長すぎます。」のエラーメッセージが、
記号が入っている場合「読みに不適切な文字が含まれています。」のエラーメッセージが出ます。
それ以外のものは入ります。
また「単語」は記号が入っていても問題ありませんでした(顔文字なども)
Screenshot_2013-12-03-11-27-58

Screenshot_2013-12-03-11-28-30

とりあえず、PC側のIMEユーザー辞書をAndroidのNX!inputに入れたかったので、これでよしです
ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ♪

[`evernote` not found]
LINEで送る